アジャコの旅ブログ

海外や国内を旅することが大好きな、アクティブママの旅日記

追記☆香港 Vol.3 延泊のホテルとグルメ編をまとめて

 

 

2018年の12月に行った香港の追記を(今更)編集します。

 

以前の旅ログはこちらから ↓

もう1泊延泊せざるを得なくなったいきさつはこちらに。 ↓

 

さて、諸事情により帰国日が1日後にずれましたが、それまで3泊していたホテルにもう一度戻るのもちょっと・・・ということで、最後の一泊は尖沙咀にある〈ハイアットリージェンシー〉を当日予約し、泊まりました。

Booking.cmでセールをしていたので、一泊3万円ぐらいでとれたのはラッキーでした。

 

 

MTRの沙咀駅から路地を東へ2分歩くと、そこがホテルです。

f:id:Ayamanaka:20190307215243j:plain

エアポートエクスプレスで九龍駅に来たら、そこからはK3のシャトルバスに乗ればホテルの地下駐車場に到着します。

 

 

お部屋はトリプルにもなるツインルーム。

(ホテル側のご厚意でアップグレードしていただきました。)

f:id:Ayamanaka:20190307215631j:plain

 

f:id:Ayamanaka:20190307215731j:plain

 

子どもと添い寝ではベッドが狭いだろうと、特別に急遽、無料でエキストラベッドを入れてくださって!ありがたい~!

f:id:Ayamanaka:20190307220146j:plain

子どもは自分用にもベッドをもらえてご満悦♡

窓からの景色はご覧の通りです。

f:id:Ayamanaka:20190307220313j:plain

 

おやビクトリアハーバーもちょっと見える・・・

f:id:Ayamanaka:20190307220400j:plain

けど窓の汚れが目立ちます!(お掃除大変そうだけどサボってるのバレバレ~)

 

バスルームが思いのほか快適でした。

f:id:Ayamanaka:20190307220552j:plain

 

とにかく駅近で、賑やかな街のど真ん中にあるとくれば、ネイザンロード~尖沙咀をメインに遊ぶなら絶好のホテルでしょう。

前日まで泊まっていた〈ケリーホテル〉は、ハーバービューをウリにしたリゾート感のある新しいホテル。対してこちらは、昔ながらの香港シティを楽しめる老舗ホテルですね。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

では続いて、ちょこっとグルメ編~

 

最近の香港でホットな飲茶といえば〈MOTT32〉

f:id:Ayamanaka:20190307222531j:plain

香港通の友人もお気に入りのお店ということで、行ってみました。

 

場所はHSBC香港本店ビルのお隣。

f:id:Ayamanaka:20190307223929j:plain

 

ランチに行ったけど夜のクラブのような雰囲気。

ぐるぐる階段を地下へ降りると、

f:id:Ayamanaka:20190307224150j:plain

 

薄暗いフロアに妖艶なシャンデリアが煌めく世界が待ち構えています。

f:id:Ayamanaka:20190307224355j:plain

 

 

f:id:Ayamanaka:20190307224244j:plain

 

この〈MOTT32〉は北京ダックが美味しいと評判です。

でも私、北京ダックがあまり好きではなかったので注文しませんでした。

事前予約しないと売り切れてしまうこともあるらしいので、絶対食べたい方はお席と一緒に予約をぽちっと。

 

私たちがいただいたのはよくある飲茶ですが、もちろんそれも美味しかったです。

f:id:Ayamanaka:20190307225550j:plain

↑ 腸粉というやつ。

 

f:id:Ayamanaka:20190307225800j:plain

↑ おなじみ、甘いチャーシューが入ったパンと、ピリ辛小籠包。

 

そして北京ダックと並ぶこの店の名物がこちら、

f:id:Ayamanaka:20190307230241j:plain

甘いチャーシューです。

これは・・・・・・とにかく甘かった。。

 

なにより美味しかったのは定番中の定番、

みんな大好きぷりぷりエビシュウマイ!

f:id:Ayamanaka:20190307230346j:plain

〈蝦餃 ハーガウ〉です。

これもう鉄板よね~!結局これが一番美味しい!!

 

 

と、お支払い金額は税サ込みで864香港ドル

f:id:Ayamanaka:20190307231421j:plain

大人2人と4歳の子ども1人でしっかり食べると、12000円ちょっとという。

あら~ホテルランチ並みのお値段ですね~おほほ。

 

また行きたいか?と聞かれたら、

さぁどうでしょう。

 

まぁグルメ天国の香港、数あるお店の中から自分のお気に入りを探す旅をしてみてもいいんじゃないでしょうか。

アフタヌーンティーもゆっくり味わいたいですし、ミシュラン3つ星広東料理ってのも経験してみたいですね。

でもやっぱり、まずは飲茶から。

 

 

 私はおしゃれなインテリアやお店の雰囲気、そしてもちろん味も譲れないポイントですけど、スタッフのホスピタリティや全体的な品の良さもとても重視しますので、総じて〈ザ・ペニンシュラ香港〉が好きです。……めっちゃ王道でなんかすいません。

f:id:Ayamanaka:20190308000516j:plain

(クリスマス前に行くと素敵なペニンシュラがさらに素敵になっていました。)

ここのロビーラウンジはイイですよね~♡って、アフタヌーンティーはしたことないんですが。だっていつ行っても日本人がたくさん並んでいて、なんだか気後れしてしまうんですよね。。

並んででも行ったことある方、羨ましいです。(笑)

宿泊すると優先的に予約ができるようですが、ここ一泊おいくらするんだっけ?!

 

そう考えると、アフタヌーンティーはこれからもなかなか経験できそうにはないので、それは諦めて夕食をこのロビーラウンジでいただいてみることにしました。

 

f:id:Ayamanaka:20190308001706j:plain

ご覧くださいこのきらびやかな内装。

 

f:id:Ayamanaka:20190308001812j:plain

天井が美しい~!

クリスマスシーズンにはとても立派なクリスマスツリーがエントランスに鎮座して、華やかさがより際立ってました。

こんなにデコレーションしまくっているのにハリボテ感がないというのも、一流だからこそなせる業?

 

 

ディナーコースのお料理は、ワンドリンクと前菜のほかに選べるメインディッシュ、最後にデザートと珈琲がつきます。

f:id:Ayamanaka:20190308002100j:plain

ちょっとしたビストロの味と雰囲気です。それに文句なしのサーブ。

アルコールも一杯飲めて、お値段がだいたい一人6000円ぐらいだったかな。

 

(比較的)コスパ良い~!

そしてまた客層が良いので、終始気持ちよくお食事ができました。

さらには生演奏で弦楽器の優雅な音色が響いてくるもんだから、もうムード最高。

飲茶に飽きたら、こんなディナーもありますよ。

平日だからか、予約なしでも待たずに入れました。

夜、オススメです。

 

 

尖沙咀で過ごす夜は夜景とセットですが、話題のバーは子連れでは入れないので、夜はトラムやバスに乗って街を楽しみました。 

あの香取慎吾さんが描いたウォールアートを見に、ヒルサイドエスカレーターをのぼって行くのも楽しいもので。

f:id:Ayamanaka:20190308021339j:plain

 

 

あ、でもまだ〈sky100〉には行ったことがないし、まだまだ知らない香港がたくさんたくさんあるんですよ。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 それじゃぁ香港、次はいつ行こう?

 

フフフ、じつはもう次の香港旅行の予定を組んでいるんです。

 

今年の秋は主人(香港未経験者)も一緒に行くぞ~!

しかもホテルは〈ザ・リッツカールトン香港〉を予約した~!!

主人のマリオットポイントで2泊無料だぞこのやろう。マジで?!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

f:id:Ayamanaka:20190308015503j:plain

 

f:id:Ayamanaka:20190308015537j:plain

 

〈マリオット ボンヴォイ〉という新プログラム!

主人は引き続き最上位のチタンエリートのままです。(そのうちプラチナになるのかな。)